保育士資格取得体験談〜四谷学院で保育士資格を取得しよう〜

ゲーム感覚で学んでいるうちに自然に実力がつく勉強法

私が保育士になろうと思ったのは、子育てをしている最中にもっと子供のことを知りたいと思ったからです。

 

これまでは証券会社に勤めていたのですが、子供の笑顔を見ていたら、子供に関する仕事に就きたいという気持ちが芽生えているのに気付きました。

 

それで下の子が小学校に入るタイミングで保育士の資格を取得することに決めたのです。

 

もちろん初めはどの講座にしようか悩みました。

 

家計のこともあり、値段の安い講座にも惹かれたのですが、それよりもやはり合格したいという気持ちが上回り、結局、高い合格率を誇る四谷学院を選びました。

 

それにパソコンを触るのが趣味なので、四谷学院の勉強法が自分には合っていると感じたのです。

 

四谷学院の55段階なら、飽き性の私でも続けられると思ったのもポイントです。

 

私はこれまで様々な習い事に手を出して来ましたが、どれもすぐに挫折してしまい、続いた試しがありませんでした。

 

ましてや資格を取得した経験もなかったので、四谷学院なら続けられるかもと思いました。

 

実際にパソコン演習をしてみると、まるでゲームをしているような感覚で楽しく学ぶことができました。

 

正解すれば「ピンポーン」間違えれば「ブブー」と鳴るので、次第に子供たちも興味を示すようになり、少しさぼりかけると子供たちからやるように発破をかけられることもあって頑張れました。

 

また55ナビは大きなステップが3つあり、さらに細分化されたステップごとに何問正解出来るかというチェック指標が用意されているので、どこが理解できていないのかが一目瞭然です。

 

それにそんなにやる気が出ない時でも学習ステップを見ていると何だかやらなくてはという気持ちになり、短時間でも続けられたので良かったです。

 

学習方法としては、まずDVDを見て、テキストで確認し、最後にパソコン演習という流れをずっと続けました。

 

この流れを繰り返すことで、確実に知識が自分のものになっていることを実感できたのは試験当日です。

 

苦手意識のあった項目も、試験では満点近い点数を取得することができ、何度も復習できたおかげだと思いました。

 

それから合格通知が届いた時は子供に一番に報告しました。

 

いつもそばで応援してくれていましたし、保育士を志そうと思えたのも子供のおかげだったからです。

 

子供も大喜びしてくれて、お友達にも「ママが先生になるんだよ」と話していることを聞かされたので、誇りに思ってくれているのかなと思えてとても嬉しい気持ちになりました。

 

さらに、自分の友達にも合格を伝えると、思いのほか保育士にチャレンジしていたけれども挫折したという人が多く、私の合格が励みになるという言葉をかけてもらえて嬉しかったです。

 

子供がいるとどうしても集中できないことも多いですし、勉強中に夫の転勤や子供の病気等、思わぬことが起こったりする場合もあると思いますが、四谷学院ならどんな状況でも根気良く続けられると自信を持っておすすめします。