保育士資格取得体験談〜四谷学院で保育士資格を取得しよう〜

ゲーム感覚のパソコン演習で毎日の勉強が楽しみに!

私が保育士資格を取ろうと思ったのは、子供の手が離れて、再就職のためにハローワークを訪れた時に職員から「職業訓練給付制度が受けられるから資格を取ってみたら?」と言われたのがきっかけでした。

 

私の中では事務系のパートなど、これまでの仕事を生かせるような仕事に就けたらと思っていたのですが、その言葉で幼い頃から抱いていた保育士という夢にチャレンジしてみようと思えたのです。

 

それでも初めは飽きっぽい自分のこと、長く続かないかもしれないと思っていました。

 

これまで手を出した通信講座はことごとく挫折していましたし、今回もきっと途中で諦めてしまうかもしれないという気持ちはどこかにありました。

 

しかし、四谷学院の「四谷学院生の3人に1人が合格」というフレーズを見て、ピンと来たのです。

 

これならやれるかも!と思えたことが大きかったですね。

 

四谷学院のシステムには、ゲーム感覚でできるパソコン演習が含まれていて、これなら楽しみながら学べそうだと思ったのも決め手でした。

 

また、短時間でも集中して勉強できそうだったので、これなら子育てしながらでもできそうだという確信がありました。

 

それに、55ナビがあったおかげで、学習のペースを崩すことなく頑張れました。

 

管理画面に出て来るクマがいつも応援してくれているようで嬉しかったです。

 

それから私はピアノが全然弾けず、そのせいもあって保育士の夢を諦めていたのですが、テキストとDVDで合わせて学習することで音楽理論が段々と分かっていって、ピアノに対する恐怖心がなくなりました。

 

きっと四谷学院で学ばなければいつまでたってもピアノに対する苦手意識を克服することはできなかったと思います。

 

私のように小さな子供がいる立場だと、なかなか自分の時間を取ることができませんが、お昼寝の時間や子供を寝かしつけた後にコツコツと勉強できたことも大きかったです。

 

DVD、テキスト、パソコン演習という流れも私には合っていたと思います。

 

覚えたばかりのことをパソコン演習ですぐに確認できるので、知識がどれだけ身に付いているのか確認するのが楽しくて毎日わくわくしながら勉強できました。

 

おかげさまで外出中にも勉強するほど夢中になっていたので、「どこでもチェックBOOK」も大いに役立ちましたね。

 

外出中でも時間を見つけて自分が苦手なところは何度も読み返したり、書き込んだりして徹底的に復習するようにしていました。

 

バッグに入るサイズというのがありがたいですよね。

 

試験会場にもこの教材は持って行きましたよ。

 

いわばお守りみたいな感じでしたね。

 

いざ合格通知を受け取った時は喜びのあまり、両親や兄弟、周りのママ友達などにすぐに報告しました。

 

皆すごいね!とメールや電話で褒めてくれて、本当に嬉しかったです。

 

ちなみに保育士資格を活かした再就職はまだ考えていませんが、落ち着いたら必ず学んだ知識を活かして保育士として活躍したいと思っています。